ウツギ博士の登場でイワンコ全力デッキが再評価!!

ポケモン / 【ポケモンカードゲーム イワンコ全力デッキ60枚】+【ポケモン サン・ムーン イワンコ強化どうぐシリアルコード】+【ポケモンガオーレ Zワザディスク「イワンコ」】 コロコロコミック1月号付録

 

ポケットモンスターサンムーンシリーズには一般発売されず雑誌に収録されたスターターデッキをご存知でしょうか?

 

時はポケットモンスターサンアンドムーンが発売して1ヶ月後の2016年12月15日、コロコロコミックになんと60枚デッキのスターターが収録されたのです。

 

その名はイワンコ全力デッキです。

 

イワンコ全力デッキは今でいうGXスタートデッキのようなもので、ルガルガンGXまひるのすがた1枚(ちゃんとRR仕様でした)・ポケモン・エネルギー・トレーナーズが入っていて初心者にもってこいのデッキでした。

 

しかしながら時はXYシリーズ全盛期、今ほどポケモンカードブームでもなく・強力なサポートなどは入っているわけではないので既存プレイヤーはあまり集めるほどのものではありませんでした。(エネルギー加速できるレックウザは注目されました)

 

最近話題のスーパーボールが収録されている数少ないカードセットの一つでもあります。

時は2018年!!ウツギ博士の登場で注目が集まる!!

イワンコ全力デッキに登場するポケモンの多くはHPが低めでした。

 

特に今回注目されているワンリキーはHP60とやや低く、キミを待つ島々に登場するHP70のワンリキーの方が有用と考えられていました。

 

しかしながら、ウツギ博士の登場によってHP60以下のポケモンをサーチすることができる効果により、一転HP60ワンリキーの有用性が出現しました。

 

HP60ワンリキーはイワンコ全力デッキにしか収録されていないため入手が困難になっています。

スポンサーリンク

環境に刺さる!?ゴーリキーのにおうだち!!

なぜワンリキーが注目されているのでしょうか?

 

実はワンリキーの進化系であるゴーリキーが持つ特性におうだちが非常に強力な特性だからです。

 

ゴーリキーの特性におうだちは、ゴーリキーが場にいるだけでベンチポケモン全員が相手のワザのダメージを受けず、相手のワザや特性の効果によるダメカンものらないという非常に防御力の高い特性です。

 

通常このようなベンチバリア特性はワザのみであることが多いのですが(ひかるアルセウスやXYバリヤードect)、ゴーリキーのにおうだちは特性や効果によってダメカンをのせることもできないことが特徴です。

 

CL東京ではロストマーチ対策にダメカンをばらまく作戦が有用であったため、メタカードとしてゴーリキーが注目を浴びたのです。

 

この結果、ベンチ展開しやすいイワンコ全力デッキに収録されたHP60のワンリキーが高騰したのですね。

 

スポンサーリンク

何が流行るかは難しい!?そんなところも面白い!?

今まではHPが高いことがひたすら重視される環境でしたが、ウツギ博士のレクチャーというカードが登場したことでHPの低いたねポケモンの有用性が増しました。

 

しかしながら、バトル場に出てしまった場合はHP60とHP70では非常に大きな差であることは間違いありません。(HP60は30ダメージのワザで弱点を取られるとワンパン、一方HP70は残りHP10で耐える)

 

ポケモンカード公式もウツギ博士のレクチャーの布石だったのか、禁断の光からは2進化ポケモンはHP違いで2種類出すようになりました。

 

今後はHP60のポケモンを使うか?HP70を使うかで迷うことが増えていくことになりそうです。

 

それにしてもイワンコ全力デッキのような60枚デッキをコロコロで出してくれないかなと強く願います。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事